平成29年度 安全大会


  平成29年4月10日,弊社社員と協力会社を対象とした安全大会を開催
  しました。来賓4名をお招きし,総勢50名での安全大会となりました。
   開会の冒頭,弊社社長より「本日の安全大会を参加者それぞれが安全と
  いう言葉の重さを再認識する機会とし,今年度の無事故無災害達成の為の
  一助としていただきたい」旨の挨拶がありました。


1.災害事例の紹介

    弊社工事部長より,他所で昨年度発生した災害の
  状況分析結果と災害事例の紹介がありました。





2.安全講話

    今年度は,北海道電力鞄マ小牧統括電力センターの変電グループリ
  ーダー様に「技術者倫理」について講話をいただきました。
    現場技術者の多くは,企業などの組織の中で仕事をしており,技術者
  個人として倫理問題を意識することが少ない。また,自らの仕事上の正
  義に基づいて行動している為,法規や社会通念等と照らして問題があっ
  たとしても気付かなくなり,関係各所への報告・連絡・相談も行われない
  状況に陥るというものでした。専門職業として技術者は,専門知識だけで
  はなく歴史感や社会性に基づき「してよいこと」「してはならないこと」を自
  ら判断できるよう経験を積み,様々な角度から自分の頭で考えて物事に
  対処すること,そして悩んだり迷ったら職場の中で報
・連・相をする
  ことの大切さを再認識する講話でした。

  


3.グループ検討会

   参加者を6班に分け,弊社安全・品質担当より
  提示された2つの事故事例において予想される
  危険要因とその対策を各グループで検討後,各
  班の結果を順次発表しました。



1班

2班

3班

4班

5班

6班

4.安全宣言発表 ・安全スローガン唱和

    弊社従業員の代表者から,安全宣言の発表と
  関係者全員による本年度の安全スローガンの唱
  和が行われました。





5.来賓の方々から挨拶

    弊社安全大会に来
  賓としてお招きしまし
  た方々から,本安全
  大会の講評を踏まえ
  てご挨拶をいただき
  ました。